逆浸透膜(RO)

逆浸透膜(RO)とは、

逆浸透膜 作用

水は通し、水以外は通さないろ過膜の一種です。英語ではReverse Osmosis Membraneと言い、「RO膜」と呼ばれることもあります。また、RO膜を通した水を「RO水」などと言うこともあります。

フィルターを使った浄水器と違い、「不純物は通さない」というろ過方法の為、不純物は「捨て水」として、捨てられてしまいます。そのため、浄化できる効率が非常に悪く、セントラル浄水器に比べて非常にろ過速度が遅くなります。これを家庭の蛇口に置き換えると、「チョロチョロ」としか出ません。

特徴としては非常に精度の高いろ過が可能な反面、逆浸透膜へ水を通過させるために、大きな圧力が必要な為、別途ポンプが必要になります。ポンプが必要と言うことは、電気代がかかります。さらに詰まりも多く、頻繁なメンテナンスが必要です。カートリッジも数本必要でしかも高価な為、結果的にランニングコストは高くなってしまいます。

 

 

用語集リストはこちらから
 

 

セントラル浄水器ReFINEについてもっと詳しく

1.まるごと浄水の理由

2.ReFINEの3つのナンバーワン

3.ReFINEではじまる毎日

4.製品情報

5.性能性能について

6.料金プランのご案内

ご安心下さい。電話や訪問販売は一切行っておりません。

セントラル浄水器レンタルサービス「ReFINE」は、インターネットでの販売のみとしておりますので、電話や訪問販売は一切行っておりません。

ご安心してお問い合わせ、資料請求等をご検討ください。

 

資料請求はこちら