カビ臭

カビ臭とは、

 

「浮遊性藻類(植物プランクトン)」が大量発生した際に起こります。

その他「放線菌」などが原因としてあげられています。浮遊性藻類は、川などから採水する際にダムや堰などを設け、滞留している間に発生しやすい環境となり、特定の気候条件や水質変化が重なると大量発生します。カビ臭の原因は、藻類が分解した際に出す「2-MIB」(2メチル・イソ・ボルネオール)と「ジオスミン」と呼ばれる物質であり、魚臭(生臭いにおいです)の原因は「2,4-ヘプタディナール」などが代表的な物質です。これらの物質はごく微量含まれているだけで人は臭いを感じる為、水道水においては「急にカビ臭くなった」「異臭がする」などとクレームが寄せらることが多くあります。

 

通常のろ過方法では除去することは不可能な為、浄水場では活性炭を使い、除去を行います。しかし、季節や気候条件、さらには水質の変化で原因物質の状況は変わる為、大量の水をろ過する浄水場では完全には対応が難しい物質です。ReFINEでは、水道の元栓に繋ぎ、1家単位で浄化する為、完全に除去が可能です。

 

 

用語集リストはこちらから
 

 

セントラル浄水器ReFINEについてもっと詳しく

1.まるごと浄水の理由

2.ReFINEの3つのナンバーワン

3.ReFINEではじまる毎日

4.製品情報

5.性能性能について

6.料金プランのご案内

ご安心下さい。電話や訪問販売は一切行っておりません。

セントラル浄水器レンタルサービス「ReFINE」は、インターネットでの販売のみとしておりますので、電話や訪問販売は一切行っておりません。

ご安心してお問い合わせ、資料請求等をご検討ください。

 

資料請求はこちら