NSF認証

NSF認証とは、

 

アメリカ合衆国のNSFが認証する国際規格です。NSFは国際的な第三者機関として食品及び飲料水、また空気及び生活環境など公衆衛生分野における安全性の確保とリスク管理を行うことを目的としています。

 

NSFの歴史は長く、最も信頼性のある認証機関として認知されています。浄水器に関しては、NSF認証は世界の浄水器の国際基準として、浄水器選びの目安となっています。1996年には、WHO(国連の世界保健機構)の協力機関として、世界の食品及び飲料水の基準づくりと安全性の確保の活動を始め、現在に至っています。

 

NSF認証を受けるには、以下の5つの検査が行われます。

1)汚染物質除去性能表示を試験確認していること。

2)浄水器の材料から飲料水に混入するような有害物質が出ないことを確認するため、試験を行うこと。

3)構造上問題がないことを確認するため、圧力試験を受けること。

4)広告宣伝、取扱説明書など、表示は、誤解を招かないこと。

5)つねに高品質の浄水器が提供できるよう、製造過程を調査すること。

 

※ 1.2.3の条件は、5年に1回の定期試験が義務づけられています。 

※ 4.5の条件は、1年に1回、工場への抜き打ち検査を実施しています。

 

用語集リストはこちらから
 

 

セントラル浄水器ReFINEについてもっと詳しく

1.まるごと浄水の理由

2.ReFINEの3つのナンバーワン

3.ReFINEではじまる毎日

4.製品情報

5.性能性能について

6.料金プランのご案内

ご安心下さい。電話や訪問販売は一切行っておりません。

セントラル浄水器レンタルサービス「ReFINE」は、インターネットでの販売のみとしておりますので、電話や訪問販売は一切行っておりません。

ご安心してお問い合わせ、資料請求等をご検討ください。

 

資料請求はこちら