ご愛用者様のお声~動物たちも元気です~

2018-02-09

 

セントラル浄水器ReFINEご愛用者様から嬉しいお言葉が届いたので、ご紹介させて頂きます。

「家を建てる際に、水槽を設置できるように設計にしてもらったのですが、

両生類・魚類・甲殻類等水質に敏感な生き物のためにReFINE導入を決めました。

これまで市販のカルキ抜きを使用していたのですが、

今では水道水をそのまま水槽内に入れることができるので大変助かっています。

動物たちもとても元気です。」

 

ありがとうございます!とても立派な水槽で驚きました。

お魚は水中の酸素を取り入れますので水道水に含まれる塩素が入った水で呼吸すると、水に含まれる塩素が魚の呼吸器系(エラ)に入り、呼吸器系の細胞を破壊します。

その為、魚に取っては命に関わる問題なので、水道水の塩素中和が必要になるのです。

また、普段何気なくペットに飲ませている水道水は、想像以上にペットの身体に負担をかけているかもしれないのです。

水道水には残留塩素やトリハロメタン、溶解性鉛などの有害物質などが含まれています。

実は犬や猫の様に体の小さな動物にとっては水道水中の有害物質が結構な負担になってしまうのです。

だからこそ水道水に塩素やトリハロメタンをしっかり除去してくれる浄水器を付けて、浄水した水を与えて下さい。

飲み水のクオリティを高めることが、動物たちの健康を守ることにつながっていくのではないでしょうか。